FC2ブログ





尾瀬温泉戸倉の湯@群馬県片品村

尾瀬の玄関口、片品村戸倉にある温泉施設「戸倉の湯」に入湯しました。

片品村戸倉の中心地である戸倉バス停近くに「尾瀬ぷらり館」という施設があって、その中に戸倉の湯があります。戸倉で唯一宿泊施設ではない公衆浴場です。
10戸倉の湯20180602-001

入口を入ると正面にフロントがあって、そこで入浴券を購入します。湯銭は500円。
10戸倉の湯20180602-002

お金を払うと緑色の券を渡されました。
10戸倉の湯20180602-011

フロント右手の奥に戸倉の湯の入口がありました。
10戸倉の湯20180602-009

扉を開けると下足です。扉も鍵もない靴入れに履物をしまいます。進むと椅子とマッサージチェアがあるだけのスペースがあって、手前に男湯、奥に女湯の暖簾がかかっていました。
10戸倉の湯20180602-007

暖簾を潜って脱衣所へ。洗面所とロッカーがあります。ロッカーは鋼製で鍵付き。洗面所には無料のドライヤーが完備されていました。壁には温泉分析表が掲示してあります。
10戸倉の湯20180602-003

服を脱いで早速浴室へ。入るとすぐ右手にカランが4つ。全てシャワー付き混合栓でオートストップ式です。椅子と桶はセットしてあります。ボディーソープとリンスインシャンプーが備え付け。右手に浴槽がひとつ。その横に露天へ出る扉がありました。閉湯近い夕方5時15分で6人程の先客です。

まずは空いているカランに着いて頭と体を洗います。そしてまずは内湯から。少し白濁していて弱い硫黄臭があります。入るといきなりいい浴感。湯が体に纏わりつくようにヌルヌルスベスベ。これは最高です。湯温も適温。そして露天が空いたので移動。湯は内湯から流れて来るようで温度はやや低めです。

露天風呂は、実際には浴舎内に浴槽がありますが壁全体が開くようになっていて屋外スペースと一体になっていました。目隠しの葦簀の向こうに山の緑が良く見えて開放感は問題ありません。

閉湯が夕方6時と早めなのであまりノンビリはできませんでしたが素晴らしい湯を堪能しました。
10戸倉の湯20180602-010

冬季は閉湯時間が延長になりますがそれでも夜7時。小さな浴場なので仕方ありませんが泉質がいいのでもっとゆったりと湯を楽しみたいところでした。掛流感がありませんでしたが、恐らく掛流でしょう。

施設には飲み物の自販機がありますが飲食施設はありません。人気の少ないバス停周辺を散策して一軒だけ営業中の酒屋で地ビールを買って飲みました。明日は尾瀬です。

■尾瀬温泉戸倉の湯 [公衆浴場]
◇群馬県利根郡片品村戸倉736-1
◇沼田 バ85(戸倉)→歩すぐ
◇10:00-18:00・12:00-19:00(冬季)
 第2,4火曜日・火曜日,水曜日(冬季)定休
◇500円
◇内・露
◇P
◇フロント

《源泉情報》
◇尾瀬温泉戸倉の湯:アルカリ性単純硫黄泉 0.21g/kg 42.5℃ pH9.9 動力280L/M 掘削 2012.08.29分析
[ 2018/06/02 17:15 ] 群馬県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/363-dad85dc0