観音湯@東京都大田区

東京大田区の観音湯に入湯しました。

京急空港線の大鳥居駅から糀谷方向へ歩くこと10分弱、煙突が見えてきました。大鳥居駅からだと裏側からのアプローチになります。釜場に薪はありませんね。
13観音湯(大田区)20180518-003

表側へ回り込みます。
13観音湯(大田区)20180518-004

看板に営業案内があります。定休日は不定休なので記載がありません。
13観音湯(大田区)20180518-005

玄関を入ると下足。右側が男湯です。
13観音湯(大田区)20180518-006

靴を脱いで上がると脱衣所へ入る扉が全開です。一応、外からは見えない構造になっています。

入ると番台がありました。女将さんらしき方が座っています。湯銭460円。スタンプを押して貰って脱衣所へ。
13観音湯(大田区)20180518-001

ロッカーは壁に20、島式で14+14、女湯との仕切壁に10。貸しロッカーも10個あります。見上げると以前は格子天井だったような構造です。

早速浴室へ。正面奥の壁は貼り絵のようにタイルが貼られて模様が描かれています。

ケロリン桶と椅子を持ってカランへ向かいますが、椅子はウグイス色の四角い形です。丈夫で積み重ねられる構造になっているので銭湯などの業務用と思われますが初めて見る椅子です。

カランは右の壁に5、島式は右側から5+6が2列、女湯との仕切壁に5と立シャワーが2あります。島式カランは鏡を隔てた対面が正面にならないよう、交互に配置されているので左右で数が異なります。全てシャワー付き。浴室に入ってすぐ右手にサウナ室の扉があります。バイタル熱気温室と書いてあります。湿式サウナです。右の壁側のカランに着きました。夕方5時15分で先客が7人います。

頭と体を洗って浴槽へ向かいます。浴槽は東京式で奥の壁に付いて3つほど配列されています。一番右は丸い形状でジャグジー風に泡が出ています。中央は四角で大きめ。左はガリウム鉱石。全て白湯です。最初は右の丸いやつから。背中の壁からジェット気泡が出ていて適温です。

一旦休憩して左のガリウム鉱石温浴。「あついゆ」と書かれていますが、それほどでもなく適温やや熱めの範囲です。

湿度が高いので真ん中の浴槽はパスして上がりました。

ドライヤーはコイン式で20円。体重計はYamato製の台秤でした。

この後飲む予定だったので風呂上がりの一杯は我慢。因みに飲料ケースにコーヒー牛乳はありませんでした。
13観音湯(大田区)20180518-008

外に出たのは6時チョイ過ぎですが陽が延びてまだ明るいままでした。蒲田までのんびり歩いて青島ビールを一杯!

■観音湯 [公衆浴場]
◇東京都大田区西糀谷3-24-16
◇糀谷 歩10
◇16:00-23:30 不定休
◇460円
◇内(別)・サ
◇洗
◇番台
[ 2018/05/18 17:15 ] 東京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/362-65cded9a