松の湯@茨城県日立市

日立の街中銭湯「松の湯」に入湯しました。

駅からは若干距離があります。住宅街にある小さな銭湯。コンクリート造りのシンプルな形状の浴舎は屋号もなく、男湯・女湯表記と煙突だけが目印です。
08松の湯20180401-001

左右対称の正面、左側が男湯の扉でした。
08松の湯20180401-002

自販機の右が脱衣所部分、左が浴室です。
08松の湯20180401-005

扉を開けるとすぐに下足で左に靴入れ。そして右に番台です。女将さんらしき方が座っています。料金表が隠れて見えなかったので湯銭を尋ねると「300円」。100円玉3枚を置いて脱衣所へ。

脱衣所にはロッカーがありません。籐の籠が10個と棚が10。棚は女湯との仕切壁になっていて4×5で20面ありますが、1つおきに棚と板が交互になっています。恐らく女湯側の棚が男湯では板になっているのでしょう。夕方4時半で先客が5人。棚が1人で籠を使っている人が4人でした。番台から見えているのでロッカーが無くても安心感がありますが、不安な方は浴室から見える棚を利用しましょう。で、私は棚を使いました。

服を脱いで浴室へ。浴槽は中央に小判型とその奥に小判を半分に切った2つ。浴槽同士は縦に並んで淵が接続しています。その部分に湯口があって両方の浴槽に湯が注がれていました。半分に切った直線部分が奥の壁に付いています。

カランは右壁に6、左壁は手前に立シャワー1とその先に6。カランは全てシャワー付き。シャワーはプッシュ式のオートストップ。カランは湯水分離で湯は熱く、水は冷たく大きな温度差がありました。

奥の壁は10センチ角のタイル絵で、上高地らしい風景が描かれています。

体を洗って歯磨きもして浴槽へ。最初は小判型の方へ。湯は「実こう素」の表記がある茶色とオレンジ色の間くらいの色。湯温は適温範囲のやや熱め。少し深い浴槽ですが中のステップ幅が狭く年寄りには不便かも。2~3人程度の大きさでしょうか。

少し休憩を挟み奥の浴槽へ。同じく薬湯ですが壁からジェットが噴射しています。湯温は同じくらいです。

浴室は天井がやや低くなっています。男湯側に湯気抜きが無くやや湿度が高め。夏場はやや不快かも知れません。浴室窓の上部はサンルーム風になっていて明るさは確保できていますが開閉しないので湯気が抜けない構造です。窓を開ければ湯気が抜けそうですが外は道路なので…。女湯側の窓の上部は湯気抜き用の窓があります。

30分くらいダラダラとしていました。

上がって汗を引かせます。飲料ケースがありますがコーヒー牛乳がないので外の自販機で購入しました。

脱衣所の片隅にドライヤーがありましたが、「60円」の表記がありました。
08松の湯20180401-006

駐車場は浴舎横と道路の向こう側にあります。

■松の湯 [公衆浴場]
◇茨城県日立市東町2-8-3
◇日立
◇14:30~22:00 不定休
◇300円
◇内(別)
◇P9台
◇番台

[ 2018/04/01 16:30 ] 茨城県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/355-9c82a5a3