銭湯ヒメ@愛知県蒲郡市

蒲郡の怪しい名前の浴場「ヒメ」に行ってみました。

浴場名だけ聞くと何やら入浴料の他にサービス料が必要な施設に思えますが果たしてその実態は?

蒲郡駅から歩いて行きます。近づくと何故か煙突が2本。怪しい!
23銭湯ヒメ20180317-001

たまたまアプローチが浴場の裏側だったので釜場から。2本煙突の理由は分かりません。
23銭湯ヒメ20180317-002

表側に回ってみると…、
23銭湯ヒメ20180317-009

どうやら普通の銭湯として営業している様子。浴場は2階で1階のフロントから入るようです。3階はデイサービス、4階はシルバーマンションになっています。
23銭湯ヒメ20180317-004

入口の扉に営業時間変更の案内がありました。
23銭湯ヒメ20180317-007

自働ドアが開くと開放的な下足で、正面にフロントが見えます。右手に券売機が見えたので下足で靴を脱いで靴入れに収めます。続いて券売機で入浴券を購入。湯銭は420円。組合の共通入湯料ですね。

券をフロントに提出すると下足鍵とロッカーキーが引換制でした。鍵を受け取って階段を上がります。階上がデイサービスやシルバーマンションになっているのでエレベーターもあります。

2階に上がると休憩スペースがあって奥に暖簾が掛かっています。左が男湯でした。暖簾を潜ると脱衣所です。ロッカーは鋼製。

脱衣所にはベース型で針式の平たい体重計、コイン式ドライヤー(30円)などがありますが特別な設備はありません。早速浴室へ。一見して単純な配置ではありません。文章では上手く伝わらないかも。

浴室は奥に向かって縦長ですが浴槽の配置が不規則。まず入ってすぐ左手にサウナ室と水風呂。壁伝いにカランが5つ並んでいます。6つ目のカランは外されていて管がその奥の怪しげな部屋に延びています。一段高くなって左奥にガラスで仕切られた部屋が2つありますが今は使われていません。打たせ湯やボディーシャワー、ミストなどの設備だったのかもしれません。正面突き当りに外に出る扉があって露天風呂に出られるようになっています。

右側は入ってすぐに使っていないスペースがあってその奥から壁伝いカランが6つ。その奥は円形のジャグジー風浴槽、ジェットが続き寝湯と薬湯が横並び。薬湯は蛍光色のバスクリン系。一段上がって白湯と薬湯。上の薬湯は漢方です。その先は露天風呂です。

浴室中央に手前から、六角形の島があってカランがありますが、手前と奥の面には無く4つです。その先に大きめの浴槽で手前部分が浅くなっていて子供用と表記されていますが、ステンレスのパイプ材で仕切られているだけで深い部分に繋がっています。そして連続するように電気風呂。電気風呂の右奥と右側のジャグジー風は浴槽同士がくっついていました。カランは全てシャワー付きです。

右手のカランに腰を降ろして体を軽く洗って入湯開始。奥の露天風呂の方で湯気が抜けているようでビル型銭湯ですが不快な多湿感はありません。意外と開放的な印象です。壁に浴場の説明書きがあって創業は平成元年、以前は「蒲郡温泉」という屋号だったそうです。…、「蒲郡温泉?」…、ハッキリとした記憶がありませんが…、30年くらい前に蒲郡に出張で1週間程度滞在した時に1箇所だけ銭湯に入った事がありました。駅の南側のビジネスホテルから北側へ歩いて来た記憶があって屋号に「温泉」が入っていたのは間違いありませんが…。

中央の白湯浴槽と露天風呂は3人程度はいれますが、他は1~2人程度の小さな浴槽です。浴槽数が多く、客が入っていたりして全浴槽に入るのは時間がかかりそうだったので露天、漢方の薬湯、ジャグジー風、手前の白湯に入って上がりました。

服を着ながら脱衣所の壁に目をやると水質分析表が掲示してあります。この浴場で使用している水はpH7.4の水質基準に適合した湧水でした。

脱衣所から休憩スペースへ出ました。家庭用のテーブルがあってそこで休憩します。
23銭湯ヒメ20180317-006

飲み物やアイスの自販機があってコーヒー牛乳を購入しました。明治の瓶入りで150円です。チョット高めの価格設定ですが、コレが超冷え冷えで美味しく感じました。
23銭湯ヒメ20180317-005

クールダウンしたところで階下へ降ります。一時はビジネスホテルとしても営業していたようで、設備が銭湯風でないのはその名残なのかもしれません。

帰りは浴場前の商店街を駅方向へ。道なりに歩くと蒲郡駅前のロータリーに出ました。

■銭湯ヒメ [公衆浴場]
◇愛知県蒲郡市中央本町1-7
◇蒲郡 歩10
◇14:00~23:00 無休
◇420円
◇内・露・サ
◇休・P20台
◇フロント
◇1998改築

《源泉情報》
◇湧水 pH7.4 1997.11.22分析
[ 2018/03/17 16:00 ] 愛知県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/351-a11e8da3