中山浴場@神奈川県横浜市

横浜線中山駅近くの中山浴場に入湯しました。

横浜線中山駅から歩いて5分弱。青空の下、青い浴舎と銀の煙突が見えて来ます。煙突からたなびく煙で嬉しくなります。
14中山浴場20180310-003

HPなどでは3時開湯となっていますが実際は3時半です。3時35分、暖簾が掛かって開湯していました。
14中山浴場20180310-005

扉やシャッターケースなどに何気に営業案内が書かれていました。
14中山浴場20180310-006

14中山浴場20180310-007

暖簾を潜ると正面に傘入れ。
14中山浴場20180310-011

そして左側が男湯です。
14中山浴場20180310-012

下足の鍵は3種類。縦型の松竹錠は横向きで使用しています。
14中山浴場20180310-008

おしどりは斜めでチョットお洒落。
14中山浴場20180310-009

富士錠の所は使われていませんでした。
14中山浴場20180310-010

下足から中へ入ると番台がありますが、逆向きで出入口へ向いていて、脱衣所は見えないようになっていました。女将さんらしき方が出迎えてくれました。湯銭は470円です。下足札とロッカーキーが引き換えになります。

脱衣所へ。ロッカーは島式で5列×2段×両面が2台。計40個になります。貸ロッカーは10個ありますが、壁面の棚に多数の風呂道具が置かれています。こんなに利用者がいるようには思えませんが…。

台秤はTANAKA製。コイン式ドライヤーもあります。手渡されたロッカーキーでロッカーを開けます。素早く服を脱いで早速浴室へ。

正面に見事な富士山が描かれています。チラっと見える女湯は北アルプス?でしょうか、白い鋭角な山脈の絵です。ケロリン桶と角イスを持ってカランへ。カランは右の仕切壁に7、中央島式で6+6、左壁に6の配列で、両サイドの壁はシャワー付きです。先客は3人、左側上部が空いていたので足を向けます。

まずは体を洗いますが開湯間もないのでカランの湯が中々熱くなりません。水は全く使わずに体を洗いました。

いよいよ入湯です。浴槽は富士山の下に2つ。左はジェットで広く浅め、右は泡で小さく深い造りです。張られている湯はワイン湯。当然赤ワインの色です。

左側の浴槽に体を沈めました。適温やや熱めの温度ですが、体が慣れてくると丁度いい感じかも知れません。浴室の温度も暑くもなく寒くもなく心地良く感じます。一旦上がって休憩を挟み小さい方へ。やはりこちらの方がやや熱めの温度設定でした。

上がって服を着ながらメモをとります。脱衣所には飲料ケースがありません。飲み物は外の自販機になります。
14中山浴場20180310-015

午前中は曇りで寒い感じでしたが午後になって晴れ間が出ていい感じの気温になりました。ポカポカ感を伴ってプラプラと帰路につきました。

■中山浴場(中山湯) [公衆浴場]
◇神奈川県横浜市緑区中山町176
◇中山 歩5
◇15:30~23:00 水曜日,第3火曜日定休
◇470円
◇内(別)
◇P4台
◇番台
[ 2018/03/10 15:35 ] 神奈川県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/347-b50d0a8d