FC2ブログ





記念湯@神奈川県横浜市

京急戸部駅近くの記念湯に入湯しました。

京浜急行で横浜駅から一駅、戸部駅のホームに降り立つと記念湯の浴舎が良く見えます。
14記念湯20180130-007

なので改札口を出てすぐです。玄関側はやや改装されていますが浴舎自体は古い造りのままである事がわかります。
14記念湯20180130-001

入口はやや味気ない感じ。
14記念湯20180130-002

料金表と営業時間が掲示されています。
14記念湯20180130-003

入るとすぐに下足です。アクリル板の下足箱に靴を入れて中へ。
14記念湯20180130-004

牛乳の自販機の前を過ぎるとフロントがあります。湯銭は470円ですが、手ぶらで行ったので貸しタオルと小さい石鹸を買ってしめて520円でした。下足鍵と引き換えにロッカーキーを受け取ります。ロッカーナンバーは3番です。

フロント前に貸しロッカーがありました。

脱衣所には入るとクランク状の通路です。抜けるとロッカーがありました。ロッカーは3段で上2段は通常サイズ、下の1段は縦に2倍の縦長タイプです。3番は縦長タイプでした。鞄を見て大きいロッカーを当てがってくれたようです。

見上げると格子天井。鶴の絵が描かれた素晴らしい格子天井です。片隅にはMUTOWの台秤。

浴室へ入ります。浴室の右半分はカラン、左側が浴槽です。ケロリンタイプの桶には「記念湯」の文字がありました。椅子は丸と角の2種。丸椅子を持ってカランに向かいます。

浴室に入るとすぐ右手に立シャワー。その陰に水風呂があります。カランは女湯との仕切り壁から半島式で横に2列。それぞれ5+5。奥の壁に4です。全てシャワー付き。カランの鏡の上に棚があって桶が無造作に置かれていました。2列目のカランに腰を降ろします。夕方4時のチョイ前で先客は7人。

一番奥の壁にはタイルで描かれた葛飾北斎の富嶽三十六景神奈川沖浪裏です。

体を洗って浴槽へ。浴室の左側は入口からサウナ室、その横に露天風呂へ出る扉があって大きなメイン浴槽が左奥の角にあります。メイン浴槽の一画が薬湯になっています。茶色い湯が張ってあります。残りの部分は白湯で泡、歩行湯、ジェットなどのゾーンがありますが同一の浴槽内で仕切られています。

最初に薬湯に入ってみましたが湯温はやや熱めでした。一旦出て次に入ったのは白湯のメイン浴槽。歩行湯の底はデコボコで足つぼマッサージになっています。ジェット噴射はやや強め。全体的に泡がブクブクと出ています。湯温は適温でした。

最後に露天風呂へ。ミクロ装置があるようですが稼働していません。奥が2つに分かれていて右が電気、左が打たせ湯です。湯は適温やや温め。湯に浸かって上を見上げますが狭い空で眺望はありません。それでも気分はいい感じです。

30分弱、湯を楽しんで上がります。風呂上りにコーヒー牛乳を飲みたかったのですが、この後、野毛で一杯だったのでグっと我慢して外へ出ました。因みに明治の瓶入りで130円です。
14記念湯20180130-005


■記念湯 [公衆浴場]
◇神奈川県横浜市西区戸部本町45-4
◇戸部 歩すぐ
◇15:00-24:00 月曜日定休
◇470円
◇内(別)・露・サ
◇洗・P2台
◇フロント
[ 2018/01/30 15:55 ] 神奈川県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/344-a4ff50ae