湯王温泉@山梨県甲府市

ふじ温泉が不発だったので湯王温泉まで足を延ばしました。南甲府駅からは約15分の距離でしょうか。

湯王温泉は公衆浴場併設のビジネスホテルなので正月休みなしと判断しました。
19湯王温泉20180103-001

接近すると、正直、場末感大爆発です。
19湯王温泉20180103-003

入口まで行くと…、やはり営業していました。
19湯王温泉20180103-004

扉を抜けると右手にホテル兼用のフロントです。ここで湯銭400円を払います。フロントのチョイ先の左手に浴場入口。
19湯王温泉20180103-011

目立つので迷わず行けます。
19湯王温泉20180103-010

入口を過ぎると男女兼用の下足ですが、完全に公衆浴場ですね。宿泊者もここを利用します。
19湯王温泉20180103-006

松竹錠の木札は公衆浴場のまんま。
19湯王温泉20180103-007

脱衣所へ進みます。ロッカーは80番までありますが、数えてみると所々番号が飛んで60個。他に脱衣カゴの代用品なのか、洗濯用バスケットがおいてあります。

脱衣所にはコイン式ドライヤー、ベース型のヘルスメーター、洗濯機、乾燥機などがあります。

ロッカーに荷物一式と服を入れて浴室へ。

午後3時45分、先客は12人ほど。浴槽が中央手前から奥に向かって4つ連なっています。カランは両サイドの壁にあります。左右共に11個のシャワー付きカランですが、左側は3個に1個の割合で混合栓が取り付けられていました。

浴槽は手前は小さめ、奥に行くほど広くなっています。

手前の浴槽は源泉が直接注ぎ込まれています。湯が張ってあるだけのシンプル浴槽。源泉そのままの分だけ熱めです。湯は次の浴槽へ流れ出して行きます。次の浴槽は泡が出ていてジャグジー風。湯温も適温です。その湯は更に次の浴槽へ流れて行きますが、3つ目の浴槽は右の仕切り壁からも源泉が注ぎ込んでいます。源泉側は熱めですが源泉から遠いところは温めです。浴槽の壁面から湯が出ていて、みんな壁にもたれてゆっくり浸かっていました。そして一番奥はサンルーム風の造りで打たせ湯です。

角イスとケロリン桶を持って左側のカランで体を軽く洗い早速入湯。まずは一番手前の源泉浴槽へ。湯は薄い緑茶色、ほとんど無味ですが、僅かに草の様な香りを感じました。熱めなので静かに身を沈めました。施設は古ぼけていますが素晴らしい湯です。泡の浴槽、温い浴槽にも浸かり打たせ以外の浴槽に入りました。

カランには湯と水共に付着物があります。水は冷ました温泉を利用している感じです。ケロリンは黄色いにも関わらず更に黄ばんでいます。単純泉らしいですが力を感じる温泉でした。壁に自噴で毎分400Lの湧出、濾過なしの表示がありました。全て温泉そのままで賄っているようでした。

十分に湯を楽しんで上がりました。脱衣所に牛乳の自販機がありましたが森永だったので今回はパス。因みに価格は110円です。

脱衣所の外へ出ると温泉分析表が掲示してありました。確かに単純温泉ですが侮れない湯質だと思います。
19湯王温泉20180103-009

1階の黄色い部分が浴室です。造りはビジネスホテルですが中身は完全に銭湯。お気軽にご利用を。
19湯王温泉20180103-008

■湯王温泉ホテル湯王温泉 [ビジネスホテル・公衆浴場]
◇山梨県甲府市住吉5-10-18
◇南甲府 歩15
◇6:00~22:00 無休
◇400円
◇内(別)
◇素3600円~・泊8000円~・P
◇フロント

《源泉情報》
◇湯王温泉:単純温泉 35.2℃ pH7.6 0.512g/kg 自噴310L/M 2009.10.29分析
[ 2018/01/03 15:45 ] 山梨県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/335-96ed9f2e