新生湯@東京都品川区

東急大井町線荏原町駅から徒歩圏の「新生湯」に入湯しました。前回2010年以来2回目の入湯です。

荏原町駅の隣りの旗の台駅からも遠くありません。駅から商店街、住宅街を行くと5分くらいで新生湯が見えて来ました。
13新生湯20171213-002

お屋敷の塀のような造りの入口が明るい灯りに浮かび上がっていました。
13新生湯20171213-004

壁には色々な案内が掲示してあります。
13新生湯20171213-005

浴室のイラストもいいですね。
13新生湯20171213-006

イラストの他に写真なども。
13新生湯20171213-007

営業案内も綺麗です。
13新生湯20171213-009

鮮やかな暖簾を潜ります。
13新生湯20171213-010

すぐ右手に傘入れが2種類。
13新生湯20171213-019

下足鍵も綺麗に手入れされています。
13新生湯20171213-011

中に進むと左手に券売機、右手にフロントがありました。460円で入浴券を購入してフロントへ。フロントには娘さん座っていました。スタンプを押して貰い脱衣所へ入ります。男湯は右側。
13新生湯20171213-012

ロッカーは縦長のものと普通サイズがあります。
13新生湯20171213-014

更に鍵式とダイヤル式の2種。荷物があったので縦長の方を利用します。ダイヤル式は良く分からないので普通の鍵式で。
13新生湯20171213-016

ロッカーは縦長24、普通16です。他に貸しロッカーが18あります。
13新生湯20171213-017

設備はどれも新しいものばかりですが天井を見上げると昔の格子天井が残っていました。新旧を上手に組み合わせて落ち着いた雰囲気になっています。
13新生湯20171213-015

浴室へ。夕方6時過ぎで先客多数。カランは左壁に8、その奥突き当りに3、中央島式で7+2の変則配置。シャンプー、ボディーソープ完備です。

右手前にサウナ室があって、ここはプラス240円の別料金。サウナ室横に露天風呂への出入口があります。外に露天風呂の浴槽がひとつ。外にはウッドデッキの休憩スペースもあります。

サウナ室前に水風呂と炭酸泉浴槽があって、その奥にメイン浴槽。座湯、ジェットなどに仕切られた大きめの浴槽です。一番奥が薬湯で泡がブクブク。一部が電気風呂エリアになっていました。

左の奥の方に陣取って体を洗い、まずはメイン浴槽へ。白湯で適温です。その後露天へハシゴ。展望はありませんが露天風呂も適温で気分爽快です。ウッドデッキの休憩スペースは階段を上がった所に設置されていますが、寒いのでパス。暫く露天の湯に浸かっていました。

無味無臭無色の湯で水道水一切使用なし。全て天然地下水使用だそうです。

この後、飲み会の予定があったので20分程度であがりました。

脱衣所にはドライヤー、針式体重計などがあります。

服を着てフロント前へ出るとコーヒー牛乳発見。つい1本。
13新生湯20171213-018

スッキリしたところで外へ出ました。22日は臨時休業です。
13新生湯20171213-020

■新生湯 [公衆浴場]
◇東京都品川区旗の台4-5-18◇荏原町 歩5
◇15:30~翌0:30
 11:00~24:00(日曜日)
 13:00~24:00(祝日の月曜日) 月曜日定休
◇460円
◇内(別)・サ240円

《源泉情報》
◇天然地下水
[ 2017/12/13 18:10 ] 東京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/328-a514b513