高砂湯@東京都立川市

立川駅から徒歩圏内の公衆浴場「高砂湯」に入湯しました。

立川駅か徒歩で約5分、繁華街の一画に高砂湯はあります。バス通りから路地を入るとチョットお洒落な造りの浴舎が現れました。
13高砂湯20171211-002

浴舎の壁面にコミカ風呂「高砂湯」の表記がりました。コミカとは銭湯設計会社のブランド名だそうで、従来の銭湯よりも風呂の種類が多い造りになっているようですが、今や普通の銭湯でも改装すると設備が立派になるので、近代感は薄れているようです。
13高砂湯20171211-003

営業案内も掲示されています。
13高砂湯20171211-004

浴舎に入るとすぐに下足。男女同じ下足を利用します。
13高砂湯20171211-005

下足札はプラ製でした。
13高砂湯20171211-011

プッシュボタン式自動ドアを入るとフロントがあります。ご主人が座っていました。湯銭460円を払ってスタンプを押して貰います。下足札とロッカーキーと引換制です。ご主人が大きめの鞄を見てロッカーキーを連番で2本くれました。シャンプー、ボディーソープのボトルはフロントで借りるシステム。
13高砂湯20171211-001

普通、フロントは脱衣所と背中合わせで造られますが、ココは脱衣所入口と向い合せの構造です。

フロントから振り向くと左が男湯でした。暖簾を潜って目隠し壁を過ぎると脱衣所の空間が広がります。ロッカーは全部で51個。貸しロッカーも32個あります。料金は400円と書かれていますがコレは月額でしょうか。
13高砂湯20171211-006

脱衣所から浴室へ。中央に円形のジャグジー風の浴槽があって、そこから奥の壁に向かって細長い浴槽が続きます。一番奥の壁にぶつかった所に寝湯が2区画。右奥の角に一部が電気風呂になった浴槽がありました。全て白湯に見えます。

カランは右の壁に手前1つが立シャワーで普通のカランが4つ続きます。一方左手は横向きのカランで、手前壁に3、半島式が2列でそれぞれ3+3。一番奥の壁にも3の配列。

左奥にラドン浴泉の部屋、中程に水風呂、手前がサウナ室になっています。ラドン浴泉とサウナは別料金で入浴料込みで800円です。

鉛色の角イスと「高砂湯」のロゴが入ったケロリンタイプの桶を取って右奥のカランへ向かいます。体を洗った後、電気風呂以外、寝湯、ジャグジー、水風呂に入りました。寝湯、ジャグジーは下部の穴で繋がっているので同じ湯となります。井戸水はまあまあ冷たかったです。恐らく井戸水源泉の温度ではないでしょうか。

夕方5時過ぎで先客は4人。その後もそれほど入れ換えがなく過ぎました。30分弱で上がりました。
13高砂湯20171211-007

脱衣所にはデジタル体重計、ドライヤー、マッサージ機があります。また一角が喫煙所になっていますが、造りはDIY感爆発です。
13高砂湯20171211-008

フロント前の休憩スペースに出てコーヒー牛乳を買いました。明治で130円。
13高砂湯20171211-009

13高砂湯20171211-010

浴舎の片隅にコインランドリー併設です。休憩スペースの片隅に扉があって中からも行く事ができます。
13高砂湯20171211-012

■高砂湯 [公衆浴場]
◇東京都立川市柴崎町2-11-17
◇立川 歩5
◇15:00-23:00 木曜日定休
◇460円
◇内・サ800円
◇洗・P

《源泉情報》
◇地下水 掘削80m
[ 2017/12/11 17:10 ] 東京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/327-adc3abad