金魚湯(玉川の湯)@栃木県栃木市

蔵の街「栃木」の古い銭湯「金魚湯」に入湯しました。

栃木駅から蔵の並ぶメイン通りと並行に続く1本裏道を行くと地元の人が利用する商店が点在する。その一画に金魚湯の浴舎が建っている。
09金魚湯20171210-001

曇りガラスに風呂の案内が記されています。
09金魚湯20171210-002

2階には座敷がある古い銭湯。
09金魚湯20171210-003

明治22年(1889年)創業で、この浴舎は昭和28年(1953年)築だそうです。
09金魚湯20171210-004

今では栃木市唯一の銭湯になりました。
09金魚湯20171210-005

今日の薬湯はジャスミン。他に営業案内がチョークで書かれていました。
09金魚湯20171210-014

暖簾を潜ると大きな天狗がお出迎え。
09金魚湯20171210-013

右が男湯。下足も古い造りです。
09金魚湯20171210-007

扉を開けると番台があります。女将さんが座っていました。湯銭は300円です。

脱衣所には100円玉リターン式のコインロッカーが12個ありますが、籠が主流です。番台や浴室からも良く見えているので籠でも比較的安全のようです。

籠にバッグと服を入れて一番上にトレーナーを掛けて目隠しにしました。

浴室へ進みます。家庭用の角イスとケロリン桶を持ってカランへ。カランは右の壁に7、中央に島式が縦に4+4、左の壁に7の配列。全シャワー付きです。左中程に付きました。夕方5時前で先客は4人でしたが、途中では最大12人に達しました。

浴槽は奥の壁に付いて3つ。全て薬湯ですが一番右は茶色で真ん中と左は蛍光グリーンです。表の黒板に書かれているジャスミンは緑色のようです。体を洗って真ん中の浴槽へ入ります。湯温は高め。適温の範囲よりも少し高めです。入れない事はありませんが、すぐに飛び出るくらい。一旦休憩して右の茶色の浴槽へ。薬湯の説明がないので何湯だかわかりませんが、何となくバニラのような香りがするのは気のせいでしょうか。こちらは温めで適温の範囲内でも低めの設定です。最後に左の浴槽にはいりましたが、真ん中と同じ熱めでした。

一番奥の壁は1センチ角のタイルで絵が描かれていますが、中央部分は水槽になっていて本物の金魚が泳いでいました。

30分近く湯を楽しみました。

脱衣所でクールダウンしながらメモを取ります。脱衣所には針式体重計。盤面にYAMATOの表記があります。ドライヤーは20円。2階へ上がる階段がありますが扉は閉ざされています。階段の壁に「こうしんの杏」のテイクアウトメニューが貼ってあります。飲料ケースに森永のコーヒー牛乳があったので1本購入。120円でした。
09金魚湯20171210-008

さっぱりしたところで外へ出ました。駐車場は浴舎の隣りの隣り。
09金魚湯20171210-010

結構な広さがありました。
09金魚湯20171210-011

改めて眺めると2階が気になりますが、以前、昼間に通りかかったときはカラオケの音が響いていました。現在はどうなっているのか?
09金魚湯20171210-016

浴舎の裏手に回ってみます。煙突から夜空に煙がたなびいていました。
09金魚湯20171210-018

本来は「玉川の湯」だそうですが、今は「金魚湯」の方が主になっていますね。

■金魚湯(玉川の湯) [公衆浴場]
◇栃木県栃木市室町3
◇栃木 歩10
◇11:00~23:00 水曜日定休
◇300円
◇内(別)
◇P
◇番台

[ 2017/12/10 16:45 ] 栃木県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/326-b8ab9d2f