FC2ブログ





かんぽの宿伊豆高原@静岡伊東

静岡県伊東市にある温泉利用の宿泊施設「かんぽの宿伊豆高原」に宿泊、入湯しました。

宿泊目的で利用しているので、まずはフロントでチェックインすると、フロントのすぐ横に日帰り客用の入浴券を売る券売機がありました。更に隣には日帰り用の営業案内がありました。
22かんぽの宿伊豆高原20170316-002

夕食後、一息ついて浴場へ向かいます。本館の地下1階に浴場があります。最初の暖簾を潜ると右が男湯、左が女湯ですが、翌朝は逆になっていました。
22かんぽの宿伊豆高原20170316-007

脱衣所には鍵付き鋼製ロッカーがあって日帰り客にも対応していますが中が2段になっていて大きな荷物は入りません。脱衣所の片隅にあるおむつ台の横に木製のロッカーが2個だけあったので、そこなら大きな荷物も入るかも。(中は確認していません)宿泊施設なのでドライヤー、綿棒などは完備されています。脱衣所には誰もいなかったので写真を1枚。
22かんぽの宿伊豆高原20170316-003

入口付近に温泉分析表が掲示してありました。何と5つの源泉の混合泉でした。
22かんぽの宿伊豆高原20170316-004

浴室へ入ると左手の壁にカランが8つ並んでいます。L字型に折れて左側の壁に4。うち1つは介護用で、全てシャワー付きの混合栓を使用しています。その他に円形の島式4。これはシャワー無しです。

浴室の左奥から正面にかけて大きな浴槽がひとつ。左端だけ泡が出ています。浴室右手にはサウナ室。その裏側の壁に打たせ湯のブースがありました。

右の奥の方に露天風呂へ通ずる扉があります。

姿が見えませんが履物の数から先客は2名いるはずでしたが姿が見えません。露天かサウナか…。体を洗ってまずは内風呂から。湯は無色透明、無味、無臭、スベスベ感もなく特徴はありません。

内湯に体を沈めていると、露天から一人戻って来ました。少し時間を置いて何処からともなくもう一人。計二人が出ると入れ替えで多くの人が入って来ました。食後の休憩を終えて来たようです。体内時計はほぼ同じようで入浴時間が一緒になっているのでしょう。

内湯の後、露天へ。あまり広さはありません。囲いがあって展望はありません。しかも空が曇っていて星空も望めませんでした。(残念)

この時、女湯だった方も同じような造りのようですが、露天風呂へは階段を上がるそうで、寒い時にはチョット大変なようでした。

■かんぽの宿伊豆高原 [公共宿]
◇静岡県伊東市八幡野1104-5
◇城ヶ崎海岸 歩10
◇7:00-10:30,13:30-22:00 無休
◇800円・1000円(土曜日,休日)
◇内(替)・露(替)・サ
◇泊・食・P
◇フロント

《源泉情報》
◇片瀬11号,片瀬21号,白田11号,対馬36号,熱川・北川45号:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉 63.8℃ pH8.1  1.748g/kg 2009.08.04分析
[ 2017/03/16 20:00 ] 静岡県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/287-d7bd98c0