FC2ブログ





花の湯@東京大田

東急多摩川線沼部駅近くの「花の湯」へ行ってみました。

蒲田から東急線に乗ると偶然にも銭湯の車内広告ばかりの電車でした。広告は紙ではなく布です。暖簾をモチーフに作っているようですね。
東急線車内20170210-001

小雪舞う中、沼部駅から歩いて5分、途中、新幹線のガードをくぐると左手にチラって煙突が見えました。浴舎は3階建てのマンションでした。
13花の湯20170210-002

入口に暖簾が掛かっていますが、左右に男女の表記があるので、昔の浴舎時代からのものというのが推測できます。
13花の湯20170210-003

暖簾を潜ると左右に傘入れがあります。
13花の湯20170210-004

その先が下足。沢山ありますね。
13花の湯20170210-005

上がると扉があって、その先にフロントがありました。フロントにはご主人らしき方。湯銭460円を払ってスタンプを押してもらいます。
13花の湯20170210-014

暖簾と同じように、フロントを挟んで左が男湯、右が女湯です。

脱衣所へ入ります。ロッカーがたくさんありました。中央には腰掛用の台、片隅にはマッサージ機、デジタル体重計がありますが、マッサージ機は故障中。洗面台にドライヤーがあって、その隣には「ボディドライヤー」なる小さな部屋がありますが残念ながら故障中です。天井には丸い模様のデザイン。チョットお洒落な雰囲気です。

13花の湯20170210-006

さっさと服を脱いで浴室へ。夕方16時40分で先客5です。
カランは左側の壁に6、島式が2列で6+6、7+4、右側の女湯との仕切り壁は手前に冷水用シャワーがあって隣から立ちシャワー4つ並び一番奥の角にサウナ室です。シャワーは島式4個の部分以外は全て付いています。

浴槽は一番奥の壁に左から泡、高温の泡、中温で座湯の並びで全て白湯です。浴槽の上部に鳥の模様のタイルが貼られて更に上に西洋の風景画がありますが、これは貼紙の絵のようです。

天井は緩いアール状になっていますが、高さはあまりありません。

椅子は家庭用角型、ケロリンタイプの桶で底は無地、側面に花の湯の赤文字がありました。

島式左側の奥に陣取って体を洗います。最初は左側の浴槽へ。浅めで広い浴槽で底から泡がブクブク。真ん中と右には「高温」「中温」の表記がありますが、ここはありません。これは高温か中温か?個人的には適温ですが…。

一旦カランに戻って中央の浴槽へ。ここは高温ですが左側とほぼ同じ温度です。深めで泡が出ていますが若干弱い感じです。

もう一度カランに戻って体を少し冷まして最後は右の浴槽へ。ここは中温なのでやや温いのか?と思いきや高温よりもやや熱い感じです。表記が正しいのか?温度設定を誤っているのか?誰かが水で埋めたか?「高温」「中温」なら「高温」の方が熱いですよね?

サウナは基本料金で使えるようです。珍しい冷水シャワーがあるのは水風呂代わりなのでしょか。

約30分の入湯時間でした。上がってゆっくり服を着てフロント前の休憩スペースに行きます。奥の飲料ケースを覗きますがコーヒー牛乳がなさそうなので帰ることにしました。

下足から外を見ると雪が強くなっています。
13花の湯20170210-009

駅までの道のりは逆風なので雪が正面から来ます。傘なしで何とか駅まで歩きました。
13花の湯20170210-013

■花の湯 [公衆浴場]
◇東京都大田区田園調布22-11
◇沼部 歩5
◇15:45-23:30 月曜日定休
◇460円
◇内(別)・サ
◇洗
◇フロント
[ 2017/02/10 16:40 ] 東京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nobosenger.blog.fc2.com/tb.php/273-69b25ab3