宿河原浴場@神奈川県川崎市

JR南武線宿河原駅に近い銭湯「宿河原浴場」に入湯しました。前回の記録が残っていませんが2回目の入湯です。

駅の改札口を出ると登戸から一駅とは思えないくらいローカル感があります。駅の周辺には小さな店が何軒かありますが、駅前は普通車も入り辛い小さな空間です。

駅前から左へ歩くとすぐに宿河原浴場の浴舎が現れます。破風造りの立派な浴舎です。元々は中央に玄関があったように推測できますが、手前は増築した休憩スペースでしょうか。奥の煙突の先から薄っすらと煙が出ていました。浴舎前には広い駐車場、路地を挟んだ所にコインランドリーがあります。
14宿河原浴場20171021-001

サウナ、超音波風呂などがあるのが分かります。
14宿河原浴場20171021-002

左側にある入口には営業時間、定休日、入湯料の掲示の他、ポケモン禁止の貼り紙があったりします。
14宿河原浴場20171021-003

玄関を入ると傘入れがあります。
14宿河原浴場20171021-005

傘を入れましたが鍵はありません。
14宿河原浴場20171021-006

そして下足箱。鍵はプラ札でした。
14宿河原浴場20171021-004

下足から中へ。すぐにフロントがあります。湯銭は470円。フロント前には休憩スペースがあります。飲料ケースもあって中を確認しますがコーヒー牛乳は無さそうでした。

フロントの右が男湯です。脱衣所の入口に貸しロッカーが並んでいます。35番までありました。目隠しのクランクを過ぎると脱衣所です。ロッカーは木製で50番まで。途中6個は普通サイズですが他は横幅が広いワイドタイプ。荷物が多い時などは便利です。

中央に縁台、片隅には針式の体重計があります。トイレ横の縁側が喫煙スペースになっています。

浴室へ入ります。左側の仕切壁手前から立ちシャワー2、並んでカランが5、中央島式で6+6が2列。右手前にはサウナ室。前に水風呂があります。浴槽は奥の壁に付いて2つ。ジェットの座湯と普通の浴槽。共に薄い蛍光グリーンの薬湯が張られています。

椅子と桶が見当たらないので探してみると、右側の壁の中間付近に重ねてありました。初心者には分かり難い位置です。戻すのが面倒なのかカランに椅子と桶が残っているのが目立ちました。角椅子とケロリンタイプ(文字なし)の桶です。

夕方5時前で先客は10名以上いる感じ。サウナは別料金(200円)ですが利用者も3名ほどでした。

左側のカランに場所を取って体を洗って浴槽へ。座湯が満席だったので普通の方へ。ガリウム石を通して湯が流れ込んでいます。湯温は適温です。一旦休憩を挟んで座湯も楽しみました。

浴舎は昔のままの仕切りですが壁などは改修されていて、白系のタイルを多用して明るい雰囲気です。天井は中心が少し低くなっていて湯気抜き窓のある両サイドへ湯気が上がる仕組みです。

水風呂には入りませんが、20分くらい湯を楽しんで上がりました。

服を着ながらメモを取ります。洗面スペースにドライヤーがありませんでしたが、フロント窓から借りるシステムのようでした。

外へ出るとすっかり陽が落ちていました。
14宿河原浴場20171021-007

駅に戻ってすぐ横の跨線橋から浴舎を振り返ると煙突が良く見えますが…、何故か煙突には「宿の湯」と書かれています。
14宿河原浴場20171021-008

■宿河原浴場 [公衆浴場]
◇神奈川県川崎市多摩区宿河原3-5-13
◇宿河原 歩すぐ
◇15:00-23:00・14:00-23:00(日曜日) 月曜日定休
◇470円
◇内(別)・サ200円
◇洗・P
◇フロント
[ 2017/10/21 16:50 ] 神奈川県 | TB(0) | CM(0)

金春湯@東京都品川区

品川区中延にある金春湯に入湯しました。

最寄駅は東急大井町線の中延になりますが、今日は池上線の開業90周年記念のイベントで池上線は全線無料パスを配布していたので、それを利用して荏原中延駅で下車して歩きました。それでも10分もかからない距離です。一見、銭湯らしからぬ看板が出ていました。レストランや喫茶店風の構えです。
13金春湯(中延)20171009-003

営業案内が出ていますが…、
13金春湯(中延)20171009-002

何と閉湯のお知らせが…。残念な事ですが、このタイミングで来られたのは何かの縁でしょうか。
13金春湯(中延)20171009-001

サウナは入湯料込みで700円。
13金春湯(中延)20171009-005

リンスインシャンプーとボディーソープ完備です。
13金春湯(中延)20171009-006

では早速中へ。傘入れの鍵がいい感じですね。そして背後の壁も。
13金春湯(中延)20171009-007

靴入れは木札でなくプラ札。
13金春湯(中延)20171009-008

改装してからどのくらい経っているのか、全体的に綺麗です。とても閉湯するとは思えません。中に入るとフロントがありました。女将さんらしき方がお出迎え。湯銭460円を払いスタンプを押して貰います。フロント前には休憩スペースがあります。フロントの右側が男湯でした。
13金春湯(中延)20171009-009

脱衣所に入ると、壁伝いにロッカーがあります。普通サイズ26と縦長が6、中央に島式で20個ありました。壁のロッカーの下段は貸しロッカーで32個あります。ロッカーと貸しロッカーの間に物が置けるくらいの幅の棚があってチョット便利。デジタル体重計、ドライヤー、マッサージ機がありました。

浴室へ入ります。すぐ右手にサウナ室。その横は水風呂で仕切りの壁があって水シャワーがあります。シャワーの壁の裏側から正面の壁にかけてL字型の大きな浴槽が続いています。湯は白湯で、打たせ、泡、座、ボディージェット、スーパージェットなどに仕切られていました。

浴室中程の所に椅子と桶が置いてあります。椅子は角椅子、桶はケロリンと同じような形状ですが、色は透明感のない黄色で文字はありません。

カランは中央に縦向きの島式で5+5。左手前の壁から左の女湯との仕切壁に掛けて2+8。全てシャワー付きで、所々にシャンプーとボディーソープの大ボトルが置かれています。

脱衣所から浴室に掛けてもまだまだ綺麗で本当に閉湯が勿体無いくらい。どんな事情で止めてしまうのか分かりませんが本当に残念ですね。

椅子と桶を持って左中程のカランに向かいます。先客は7、8人でしょうか。備え付けのボディーソープを使って体を洗いますが、泡を落としてもツルツル感が消えません。後で分かりましたが営業案内に「軟水風呂」とありました。多分、カランの湯水軟水なのでしょう。閉湯の貼り紙で営業案内をチェックしていませんでした。

泡を流し落として浴槽へ。最初は普通の部分に入りました。湯は適温です。まるで強アルカリ性の重曹泉のように浴槽の湯もツルツル感全開。気持ち良く浸かる事ができます。一旦休憩して次はスーパージェット。壁のボタンを押すと強力な湯が背中の部分から湯が噴射しています。中腰の体勢で背中に当てるといい気持ちです。このままだと長湯になりそうなのでココで切り上げました。

13金春湯(中延)20171009-004

浴舎、浴室、脱衣所…、閉湯になることが信じられないくらいの施設です。帰りのフロントはご主人に代わっていました。お疲れ様です。

■金春湯 [公衆浴場]
◇東京都品川区中延3-13-16
◇中延 歩すぐ
◇15:40-23:40 水曜日定休
◇460円
◇内(別)・サ700円
◇洗・P
◇2017.10.31廃業予定
[ 2017/10/09 18:40 ] 東京都 | TB(0) | CM(0)

福美湯@神奈川県横浜市

横浜市の菊名駅近くの福美湯へ行ってみました。東横線改札から旧綱島街道側へ。階段を降りて左手に進むと現在の綱島街道と合流。そのまま大倉山方向へ進み、スーパーサミットのある信号のひとつ手前の路地を左に入ると浴舎が見えます。当初、マンションの1階にあるのかと思っていましたが、近づくと浴舎は単体で意外と古い建物であることが判りました。
14福美湯(横浜市)20170924-001

玄関回りは綺麗に改装されています。
14福美湯(横浜市)20170924-002

営業案内。人工炭酸泉、露天風呂…、「ロッキーヒルサウナ」って何だ?
14福美湯(横浜市)20170924-003

とりあえず中へ。下足には茶色で透明な扉の靴入れです。
14福美湯(横浜市)20170924-004

傘入れもありますね。
14福美湯(横浜市)20170924-005

下足を上がると正面に休憩スペースがあります。左にフロントです。ご主人らしき方が座っています。湯銭470円を払って脱衣所へ。男湯はフロントの左側です。

脱衣所にはロッカーが64番まであります。木製で3段になっていますが、最上段と2段目の間に風呂道具を置く空間があって便利です。貸しロッカーも多数あって、殆どに名前が書いてあります。常連さんが多い証でしょうか。見上げると格子天井です。全体的に綺麗に改修されていますが、建屋本体は昔の建物のままですね。

浴室へ入ります。角椅子とケロリン桶が置いてあります。先客は4時40分で20名以上いました。桶の残りが1個でしたがカランはもっと空いています。カランは入って正面に島式で5+5、左の壁から奥の壁に掛けて7+3の配列。奥の壁の3以外はシャワー付きです。

浴槽は右手、女湯との仕切壁に沿って手前から薬湯、鉱石湯、座湯、電気、一番奥に高濃度炭酸泉。一方左手には水風呂、サウナ室、外に出て露天風呂です。露天風呂の前にもシャワー付きカランが3つありました。

浴室奥の壁面には1センチ角のタイルで描いた絵があります。アルプスのような西洋の風景です。

一番奥のカランで体を洗って、最初に向かった浴槽は露天風呂です。湯はやや熱めの白湯です。浸かって見上げると塀に囲まれて狭い空が見えました。広さは畳2枚分くらいか。それでも秋の空に爽快感がありました。

髭を剃って一休みして高濃度炭酸泉へ。ここは温い湯で長時間浸かる事が出来ます。入っていると体に気泡が付いて来ます。続いて座湯へ行って見ました。こちらは露天と同じくやや熱め。ステンレス製の枕が冷たくて気持ちいいですが長湯は出来ませんね。鉱石湯、薬湯(本日は健美泉)は空かなかったのでパスです。そして水風呂ですがいつもは一瞬でも浸かるようにしているのですが、今日は何となくパスしてしまいましたが、後で水温14度と分かって後悔しました。次は入ります。

浴室の天井は昔の銭湯の造りで高い天井で湯気抜き窓が多数ありました。

脱衣所で服を着ながらメモを取ります。脱衣所には洗濯機が3台あります。体重計は野球のベースような四角くて平たい家庭用です。ドライヤーは1台ですが無料でした。外に休憩用の椅子がありますが、そこでクールダウンしている常連さんで埋まっていました。脱衣所にも飲料水の自販機がありますが、フロント前の休憩スペースへ行きます。

飲料ケースを覗くと雪印のコーヒー牛乳がありました。綺麗なパッケージで130円です。
14福美湯(横浜市)20170924-006

テーブルは円形で中は綺麗な熱帯魚が泳ぐ水槽です。

洗濯機は脱衣所にありますが乾燥機は休憩スペースの横にありました。さりげなくマッサージ機も置いてありました。

浴場裏手に釜場があります。帰る時にトラックが横付けされていて薪になる柱材が運び込まれていました。

帰宅後、気になってロッキーヒルサウナを検索すると…、あらららら?福美湯のインスタ写真しかヒットしない!福美湯オリジナルですか?

■福美湯 [公衆浴場]
◇神奈川県横浜市港北区菊名6-13-43
◇菊名 歩5
◇15:00-23:00 月曜日定休
◇内(別)・サ200円
◇洗

[ 2017/09/24 16:40 ] 神奈川県 | TB(0) | CM(0)

柳湯@千葉県香取市

千葉県の公衆浴場の連湯になりますが、佐原にはもう一軒銭湯があります。それが「柳湯」です。

駅から古い街並みを目指して歩いて行くと「柳湯」の看板が出ています。しかし、この看板を見逃すと迷宮入りです。因みに反対側から来ると看板が見えません。
12柳湯(香取市)20170910-001

煙突が見えるポイントはありますが、通りから浴舎は見えません。看板に従って路地を入ると浴舎が見えてきますが、これも柳湯の看板を見て入って来るので分かりますが何も無ければ浴舎に見えませんね。
12柳湯(香取市)20170910-002

更に奥へ進むと浴舎の向こうに煙突が見えますが、犬が吠えて来るので落ち着きません。
12柳湯(香取市)20170910-003

浴舎前にコインランドリーです。屋根はありますが屋外です。
12柳湯(香取市)20170910-004

その奥が浴舎の入口。入口から男女別です。右が男湯でした。
12柳湯(香取市)20170910-005

扉を開けると下足で、その先が脱衣所なります。入るとすぐに番台がありました。組合の料金表が掲示してありますが、上から修正されていて300円になっていました。

番台に座っていた女将さんに湯銭300円を渡します。脱衣所の中央には木製ベンチとテーブル代わりに年代物のテレビゲーム機が置いてあります。マッサージ機、体重計なども置いてあります。

木製ロッカーが16ありますが、他に客がいなかったので、ここも籠を使いました。

浴室へ入ります。桶、椅子は家庭用です。カランは右の壁に4、中央島式3+3、左壁に2の配列ですがシャワー設備はありません。

奥の壁に着いて浴槽がふたつ。共に白湯ですが「備長炭の湯」の貼り紙があって備長炭が入ったネットがありました。

ハシゴ湯なので体は軽く洗って入湯します。
12柳湯(香取市)20170910-006

誰もいないのでここものんびりと湯に浸かりました。番台にる時計を見ると電車の時間が近づいていました。上がって服を着てメモを取りながら腕時計をすると…、10分近く進んでいました。もう少しのんびりできましたね。

ここも誰もいないのを理由に女将さんに断って写真を撮影しました。
12柳湯(香取市)20170910-007

通りまで出て振り返りますが、やはり看板が無ければ分かりませんね。
12柳湯(香取市)20170910-010

通りから見える煙突です。浴舎は見えません。
12柳湯(香取市)20170910-011

組合のホームページでは創業100年以上とありますが、浴舎はコンクリート製なので築年数はそこまではありませんが、古さは感じますね。湯は井戸水かもしれません。

■柳湯 [公衆浴場]
◇千葉県香取市佐原イ471
◇佐原 歩10
◇15:00-22:00 毎月1日
◇300円
◇内(別)
◇洗・P
◇番台
[ 2017/09/10 17:15 ] 千葉県 | TB(0) | CM(0)

金平湯@千葉県香取市

銚子から佐原へ移動し銭湯をハシゴします。佐原駅から線路に沿って小野川まで歩きます。ここから川に沿って香取街道まで。右へ曲がって少し歩くと酒蔵の煙突と共に金平湯の煙突が見えて来ます。

ここは組合のホームページでは「松の湯」になっていますが、現地の看板は「金平湯」。また「金平浴場」と紹介されているものもありますが、ここは現地の表記に従って「金平湯」としました。

通りから路地に入ると木造の浴舎があります。浴舎の築年数は分かりませんが、組合のホームページでは創業100年以上とあります。
12金平湯(香取市)20170910-006

浴舎を正面から見ます。入口の左右にタイル絵が飾られています。扉の右側には「佐原まちぐるみ博物館」の看板が掲示されていました。
12金平湯(香取市)20170910-007

左のタイル絵は富士山と茶畑が描かれています。
12金平湯(香取市)20170910-008

右は何処だか分かりませんが、右に山の上に建つお城と中央に円形の山などは描かれています。
12金平湯(香取市)20170910-009

入口を入ると右が男湯です。
12金平湯(香取市)20170910-010

扉を開けるとすぐに番台と下足です。番台には女将さんらしき方が座っていました。湯銭は300円です。下足には靴箱がありますがあまり使用されていない感じです。

靴入れは18個あります。ロッカーは16で木製です。
12金平湯(香取市)20170910-011

籠があったので籠を使いました。

浴室には緑椅子とケロリンタイプの桶がありました。カランは左の壁に5で4つはシャワー付きです。中央には島式で4+4でシャワーなしです。浴槽は2つで奥の壁に着いています。釜場への扉は通常は女湯との仕切壁側(ココだと左側)にありますがココは逆の位置にあります。浴槽の上、奥の壁には富士山のペンキ絵があります。「西湖」と26.6.1の日付が記されています。
12金平湯(香取市)20170910-013

夕方4時半で先客は1名です。桶と椅子を持って島式の所へ座りました。桶は底に何やら文字が書いてありますが読めません。文字の部分だけが赤地になっていて文字は白抜きです。暫く見つめていると…、ケロリンです。間違いなくケロリンの文字が微かに浮かんで来ました。桶の色はアイボリーです。これは元々の色なのか褪せたいろなのか…。いずれにせよ年代物のケロリン桶のようです。

体を軽く洗って様子を見ます。

女湯との仕切壁にも富士山を描いたタイル絵がありました。ペンキ絵の西湖に似た風景です。天井を見上げると男女の浴室に湯気抜きが1つずつあります。

2つある浴槽は共に白湯です。左側がやや大きめです。撹拌棒が置いてあります。右側には岩の湯口がありますが湯は流れていません。左の浴槽に手を入れてみました…、熱いです。撹拌棒でかき混ぜてみますが熱いです。入らずに右の浴槽に手を入れると…、こちらは入れそうです。浸かってみるとやや熱めですが大丈夫でした。仕切りの下部は切れていて同じ湯ですが温度差はありました。

先客が上がり一人でのんびりと入湯できました。陽が傾いて来て涼し気になって来たので心地よい空間に心地よい時間が流れています。

十分ゆっくりして上がりました。誰もいなくなったので女将さんに断って写真を撮影させて頂きました。

ゆっくりメモを取りながら服を着ていると汗が引いて来ました。女将さんにお礼を言って外へ出ます。反対側から浴舎を見ると湯気抜きは浴舎の中心に1ヶ所ですね。
12金平湯(香取市)20170910-016

駅から最短ルートで歩くと10分チョットで辿り着きます。

■金平湯(松の湯・金平浴場) [公衆浴場]
◇千葉県香取市佐原イ622
◇佐原 歩15
◇15:00-23:00 1,10,20日休み
◇300円
◇内(別)
◇P
◇番台
[ 2017/09/10 16:30 ] 千葉県 | TB(0) | CM(0)

松の湯@千葉県銚子市

漁師町銚子の銭湯「松の湯」に入湯しました。漁師町の銭湯は入れないくらい湯が熱い場合が多いですが如何に。

松の湯は銚子電鉄の仲ノ町駅か観音駅が最寄駅になりますが、JR成田線の普通電車との接続がイマイチで、銚子に滞在時間も少なかったので銚子駅から徒歩で向かいました。所要時間は約20分でした。途中、ヤマサの醤油工場があって、大豆を加工しているためでしょうか?きな粉の香りが漂っていました。

そろそろ松の湯か?と思って覗き込むと煙突がありましたが、浴場の裏側だったようです。
12松の湯(銚子市)20170910-002

表側に回り込むと2階建ての浴舎がありました。コンクリート製です。
12松の湯(銚子市)20170910-003

右側の階段を上がるとコインランドリーがあるようです。2階に併設するのは珍しいかも知れません。
12松の湯(銚子市)20170910-004

右側の通路は釜場に通じているようでした。
12松の湯(銚子市)20170910-005

早速暖簾を潜ります。右手が男湯でした。靴を脱いで扉を開けます。
12松の湯(銚子市)20170910-006

すぐに番台がありますが誰も座っていません。すると脱衣所で服を着ている途中のオッサンが「いらっしゃい」と言いながら番台へ上がりました。どうやらここの大将だったようです。湯銭は370円でした。

脱衣所にはロッカーが30個ほどあります。貸ロッカーも10個ほど。籠もあって、ほとんどの方が籠を使っているようでした。浴室からも良く見えるので籠に荷物と服を入れて浴室へ入ります。

浴室に入るとすぐに円形イスとケロリン桶があります。低い天井の浴室でした。カランは左の壁に7、中央に島式と呼んでいいのでしょうか、縦向きに1+1の小さい島が2つあります。右の壁にも5個あって中央以外はシャワー付きでした。先客は1名、左奥のカランに腰を降ろします。

浴槽は奥の壁に着くように2。左側は大きめで泡が出ている白湯浴槽。右は薬湯で奥の方は電気が流れていました。

カランには付着物があるので井戸水かも知れませんが確証はありません。

時間が無かったので素早く体を洗って湯に浸かります。右は電気風呂なので左側へ。やはり漁師町の湯は熱いです。カラスの行水の如く上がりました。
12松の湯(銚子市)20170910-007

服を着ながら再度脱衣所を確認します。

秤とドライヤーはあります。飲料ケースには明治の牛乳がありました。

■松の湯 [公衆浴場]
◇千葉県銚子市新生町2-12-24
◇仲ノ町 歩10
◇1230-2230 不定休
◇370円
◇内(別)
◇洗・P
◇番台
[ 2017/09/10 14:30 ] 千葉県 | TB(0) | CM(0)

桜湯@千葉県茂原市

東金の松の湯からハシゴ湯です。茂原駅から桜湯へ向かうと松の湯と同じ、煙突の先から薄っすらと煙が。どうやら桜湯も開湯中のようです。

浴舎の前まで行ってみると、樹木の覆われていて浴舎が良く見えませんね。
12桜湯(茂原市)20170903-001

少し離れた方が見えるかも。
12桜湯(茂原市)20170903-002

桜湯の文字も暖簾もいい雰囲気です。
12桜湯(茂原市)20170903-003

12桜湯(茂原市)20170903-004

では早速暖簾を潜りましょう。
12桜湯(茂原市)20170903-005

扉は正面のやや右寄りにあります。入ると目の前に男湯の入口、左に女湯の入口です。右に寄っているのは女湯の目隠し代わりにしているようですが、その分、男湯は結構丸見え状態ですね。

入口を入るとすぐ下足と番台です。番台には女将さんらしき方が座っていました。湯銭は400円。千葉県公衆浴場組合の設定する湯銭は430円ですが、ここは下げていますね。近くに競合する銭湯がないので多少の自由がきくのでしょうか。

湯銭を払うと鍵を渡されました。ロッカーの鍵です。脱衣所を見ると籠が主流ですが6個ほど金属製の大型ロッカーがあります。私の格好から旅行者と判断して渡してくれたようです。先客が3人ほどいますがロッカーを使っているのは1人だけで2人は籠です。浴室と脱衣所が近くなので籠で良かったのですが、折角鍵をくれたので使う事にします。ロッカーはサウナや日帰り温泉などで見かける縦長の金属ロッカーです。

脱衣所から浴室へ。

一番奥の壁には富士山のペンキ絵があります。丁度男湯と女湯の境目に富士山が屹ていました。組合のHPによれば丸山氏の作品だそうです。

そして天井を見上げてビックリ。無垢の木材で出来ていました。普通は湯気対策でペンキが塗られていますが木目がそのままです。木材の産地にある共同浴場などでは見かけますが普通の街中の銭湯では珍しいのでは。

ケロリン桶と緑椅子を持って浴室の中へ進みます。カランは左側の壁に3、中央に小さく島式で1+1、右の壁に2ですが、右のカランには後付けの混合栓のシャワーが付いています。しかも位置がずれていて使い方が難しそうでした。先客3人は全員左壁のカランにいたので中央のカランにしました。

とりあえず体を空って浴槽へ。浴槽はふたつあって左側が大きく深い構造で熱めの温度設定です。右は小さく温め。仕切壁の下部が一部切り取られていて同じ湯ですが、大きい浴槽に注ぎ込まれる熱い湯は上部で堰き止められて、やや温い湯が小さい方へ流れて行く仕組みで温度差が出来ます。時間を置いて両方入ってみました。

ペンキ絵下の壁に「オゾン温泉」の看板が掲示されていますが感覚では白湯です。また、その隣には茂原浴場組合の古い看板があってお知らせが記されています。そこには「その筋のお達しにより浴槽内にて手拭いを使用することを固くお断りいたします。」とあります。その筋って一体?

本日2湯目なので軽い入湯で上がりました。

脱衣所には体重計、ドライヤーがありました。飲料ケースもありますがコーヒー牛乳は無かったので飲み物はパスしました。

12桜湯(茂原市)20170903-006

12桜湯(茂原市)20170903-007

HPによれば茂原市唯一の銭湯「桜湯」は開湯100年近く。井戸水を薪で沸かしているそうです。

■櫻湯 [公衆浴場]
◇千葉県茂原市茂原461
◇茂原 歩10
◇16:00-22:00 5,15,25日定休
◇400円
◇内(別)
◇P
◇番台

《源泉情報》
◇井戸水
[ 2017/09/03 17:50 ] 千葉県 | TB(0) | CM(0)

東金鉱泉松の湯@千葉県東金市

夕方4時を少し過ぎた時間、果たして開湯しているのか?期待と不安が半々で東金街道の旧道を松の湯を目指していると、通りから僅かに煙突が見えました。

路地に入って幼稚園を過ぎると松の湯の浴舎が見えて来ます。すると煙突の先から僅かに煙がたなびいていました。開湯してる!
12東金鉱泉松の湯20170903-001

浴舎の横には薪が沢山積み上げられています。
12東金鉱泉松の湯20170903-003

曇りがちだった空も夕方になるにつれて晴れ間が広がり、この時間になって快晴になりました。
12東金鉱泉松の湯20170903-007

玄関の扉も開いて、暖簾も掲げられていて間違いなく開湯です。
12東金鉱泉松の湯20170903-005

営業案内の貼り紙があって4時開湯。まだ開けたばかりですね。
12東金鉱泉松の湯20170903-004

浴舎の写真を撮っていると、初老の男性が入って行きました。地元の常連さんです。続いて暖簾を潜ります。
12東金鉱泉松の湯20170903-010

右が男湯でした。
12東金鉱泉松の湯20170903-011

扉を開けるとすぐに番台がありました。女将さんらしき方が座っています。湯銭は430円。500円玉でお釣りをもらいました。

脱衣所には体重計、レトロなマッサージ機などがあります。一応ロッカーが18個ありますが、籐の籠がメインのようでした。浴室からも脱衣所が良く見えるので籠でも安心です。ひとつの籠に荷物と服を全部入れていざ浴室へ。

浴室正面にペンキ絵の赤い富士山が描かれています。チラリと見える女湯の富士山は白です。

赤富士の下に浴槽がひとつ。白湯で何の装置もなく湯面は穏やかです。

ケロリン桶と角椅子を持ってカランに向かいます。カランは左の壁に4、中央に島式で3+3。シャワー付きです。カランは全部で10ですが椅子と桶は6個ずつしかありません。これで事足りるという事でしょうか。先客は先程の方が1人だけ。時間的に見て一番風呂でしょう。入湯中に後から4名ほどの客がありました。

左奥のカランに着いて体を洗います。カランの水は飲用不可。付着物を見ても井戸水で間違いなし。一応、未分析の井戸水を使っているという情報があります。

体を洗って浴槽へ。湯は適温でした。左の奥に湯口がありますが、直接当たらないようにガードが付いていました。湯は無色透明、無味ですが若干塩素臭?いやチョット違うか?弱い刺激臭?の様な臭いを感じます。

天井を見上げると低い天井でした。それでも今日はカラッとした陽気なので不快さはありません。間隔を置いて2度ほど湯に浸かって上がりました。

脱衣所でゆっくり時間をかけて服を着ます。そして女将さんに「コーヒー牛乳下さい。」と告げて120円を番台に置いて飲料ケースからコーヒー牛乳を取り出します。明治の瓶入りでした。
12東金鉱泉松の湯20170903-009

脱衣所外に縁側があって、小さな池もありました。

松の湯は非組合の浴場なので、浴場組合のホームページには記載がありません。なので意外と秘湯と呼べるのかもしれませんね。

■東金鉱泉松の湯 [公衆浴場]
◇千葉県東金市東金1407
◇東金 歩10
◇16:00-20:00 不定休
◇430円
◇内(別)
◇P
◇番台

《源泉情報》
◇未分析
[ 2017/09/03 16:10 ] 千葉県 | TB(0) | CM(0)

薬師湯@東京都墨田区

群馬の銭湯巡りが不発に終わり、不完全燃焼だったので予定を変更して途中下車。降りたのは浅草の手前、とうきょうスカイツリー駅。

駅から歩いて数分の薬師湯に向かいます。
13薬師湯(墨田区)20170825-002

サウナ、麦飯石、軟水シャワー、バイブラ…などの営業案内。
13薬師湯(墨田区)20170825-003

浴場はマンションの1階。エントランスも近代的ですね。
13薬師湯(墨田区)20170825-004

靴入れは100以上、
13薬師湯(墨田区)20170825-005

右手には傘入れもあります。
13薬師湯(墨田区)20170825-006

中に入るとフロントがあってご主人がお出迎えでした。湯銭460円を渡してスタンプを押してもらいます。
13薬師湯(墨田区)20170825-001

フロント前には休憩スペースもありました。フロントの左手が男湯。脱衣所へ入ります。ロッカーは51、貸しロッカーも34あります。片隅に洗濯機が2台あって1台は稼働していました。デジタル体重計とドライヤーなどもあります。

浴室へ。右側に大きめの浴槽が2つ並んでいます。共にマリンブルーの涼しげな色の湯が張られていました。左の一番奥から水が流れています。その手前にあるサウナ用の水風呂があるようでした。カランは全て横向きの列になっていました。手前の壁から4、4+4、4+3、サウナ室の壁に5の配列でした。全てシャワー付きでシャワーの上には幅の広い棚があって、所々にボディーソープとリンスインシャンプーが籠に収められて置いてありました。

桶はケロリン、椅子は4種類あって丸型、角型、小判型と腰の低いコの字を倒したようなタイプ。

夜の7時半で10名以上の先客が汗を流していました。角型椅子とケロリン桶を持ってカランへ。体を洗って歯磨きをしました。口をゆすぐ時、水を口に含むと僅かに匂いを感じました。カランの付着物などを見ても、どうやら井戸水を使っているようです。

続いて浴槽へ。水風呂以外は全てマリンブルーの湯です。2つある浴槽は同じ湯です。共に強力な泡が出る浴槽でした。湯温は適温。下町銭湯にしては温い方かも知れません。場所柄観光客も多く入湯するのかも知れませんが、この時間だと地元の方ばかりのようです。

水風呂を覗きに行くと、右の奥に立ちシャワーがありました。サウナ室の扉にはサウナ料金200円の表記がありました。

奥の壁面には南国のビーチを描いたタイル絵が。銭湯ではあまり見かけないタッチで描かれた絵です。

予定外の入湯であまり時間が無かった事もあって20分くらいで上がりました。

メモを素早く取って、扇風機の風で体を強制的に冷まして外に出ました。壁に薬湯のカレンダーがありました。本日はクーリングシトラスという入浴剤でした。
13薬師湯(墨田区)20170825-007

水風呂にもひと工夫あるようでした。
13薬師湯(墨田区)20170825-009

薬師湯は本当にスカイツリーの足元にあります。浴舎前から見上げるとスカイツリーが鮮やかにライトアップされていました。(電光掲示板は薬師湯の案内です)
13薬師湯(墨田区)20170825-011

■薬師湯 [公衆浴場]
◇東京都墨田区向島3-46-10
◇とうきょうスカイツリー 歩すぐ
◇15:30-翌1:30 水曜日定休
◇460円
◇内(別)・サ200円
◇洗・P
◇1953開

《源泉情報》
◇地下水
[ 2017/08/25 19:30 ] 東京都 | TB(0) | CM(0)

芳乃湯@群馬県桐生市

桐生市内を走るおりひめバスに乗って有鄰館前で下車。そのすぐ横の路地を東方向へ歩きます。5分くらい歩いた所に「芳乃湯前」のバス停がありました。
10芳乃湯(桐生市)20170825-001

当然、バス停の前には芳乃湯の浴舎が…、しかし!暖簾が出ていません。休みか?事前の調べでは定休日は月曜で16時開湯のはずです。(本日は金曜日、時間は17時チョイ前)
10芳乃湯(桐生市)20170825-002

通りを渡って引きで見てみますが…、やってるわけありませんね…。おや?煙突がない!
10芳乃湯(桐生市)20170825-003

楽しみにしていた入湯は諦めて浴舎裏側に行ってみました。
10芳乃湯(桐生市)20170825-006

通用口の所の浴舎の壁に煙突のものと思われる穴がありますね。芳乃湯は一体どうなっているのか?臨時休業か休業中か廃業か?貼り紙等のお知らせがないので全く不明です。

新桐生駅までバスで戻ります。車窓から桜湯が営業しているのを見て何となくホッとしました。

帰宅後、グーグルストリートビューで確認すると2012年7月撮影で煙突から煙がたなびいていました。

■芳乃湯 [公衆浴場]
◇群馬県桐生市仲町1-5-10
◇西桐生 歩15
◇16:00~20:00 月曜日定休
◇P
[ 2017/08/25 16:55 ] 群馬県 | TB(0) | CM(0)